www.wisconsindachshund.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 16-17AW新入荷 バインダーカーフタッセルローファー 4171 NOBEL ウイスキーブラウン バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 茶 あす楽対応_ 全国無料,限定セール

【12/2新入荷】 モデル4171スタイルタッセルローファー素材コードバンのような艶のあるポリッシュドバインダーカーフ(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色NOBEL(ウイスキーブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 アメリカ靴を彷彿とさせる傑作タッセルローファー「4171」ご紹介するのは、このところ高い人気を維持している『タッセルローファー』になります。 アメリカ靴の雄、ALDEN(オールデン)が元祖とされているタッセルローファー。 バーウィックはスペインのメーカーですが、同モデルはオリジナルを目指して作られています。 履き口まわりをシューレースがぐるりと一周していて、甲にタッセル(房飾り)があしらわれている 基本に忠実なデザインをベースに、絶妙なボリュームのある木型を採用することによって、 アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされています。厚みのあるレザーソールも ポイントで、アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルやスーツスタイルにも対応するので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 汎用性が高いので一足持っていて損はないと思います。とにかく使い勝手がいいです。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 コードバンのような艶のあるポリッシュドバインダーカーフアッパーには、『コードヴァンのような光沢を放つポリッシュド・バインダー(牛革)』が使用されています。 革の表面に樹脂を塗ったあとで、光沢が出るまで丁寧に磨き上げることで、画像のような艶が生まれています。 英・チャーチのシャノンでもお馴染みのポリッシュド・バインダーは、雨が多いロンドンの街において 靴磨きをしなくても美しく見える靴が欲しいという需要を元に誕生したというルーツを持ちます。 そのため、防水性が強く、少しくらいの雨であれば水を弾くため、気にせずお使い頂くことが可能です。 一般的なカーフ素材に比べて、お手入れの手間がかからないというのも見逃せないポイントの一つです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.58.527.530.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 16-17AW新入荷 バインダーカーフタッセルローファー 4171 NOBEL ウイスキーブラウン バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 茶 あす楽対応_ 全国無料,限定セール —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 アニリンカーフクォーターブローグシューズ 3577 598 ブラウン バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 黒 あす楽対応_ 新作入荷,定番

モデル3577スタイルクォーターブローグ(5アイレット)素材しなやかで美しい最上級アニリンカーフ(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色598(ブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格32,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット「3577」ご紹介するのは、ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット『3577』です。 デザインは、世界中の靴愛好家たちを魅了し続けるJOHN LOBB(ジョンロブ)の傑作モデル、 『PHILIP 2』を彷彿とさせる『クォーターブローグ(パンチドキャップトゥ)』です。 数あるビジネスシューズの中で、最も格式の高い内羽根ストレートチップがベースとなっており、 ビジネス向きなモデルです。格式の高さゆえににお堅い印象の内羽根ストレートチップですが、 トゥ部分にブローギング(穴飾り)を施し、王道を踏み外さない程度に遊び心がプラスされています。 さらに、当店の別注企画として、シューレースに本家PHILIP 2同様の平紐を採用することで、 ほどよく華やかなでエレガントな雰囲気が加わり、飽きることなく長く履ける一足が完成しています。 トゥにメダリオンが入らないため、トゥ部分の経年変化を楽しむことができるのもウレシイです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 透き通るような質感の高級アニリンカーフアッパーには、『透き通るような質感の高級アニリンカーフ(牛革)』が使用されています。 選りすぐられた仔牛革の中でも、特にキメの細かい部位のみを使用し、質感を損なわないように アニリン仕上げを施した、透き通るような美しい質感のアニリンカーフになります。 厚みのわりにやわらかく、弾力性に富むため、履くほどに足に馴染むことが特徴です。 職人のハンドポリッシュによる光沢が、なんとも言えない独特の色気を醸し出しています。 素肌の美しさで勝負できるクオリティの革なので、磨き甲斐があると思います。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.010.0625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 アニリンカーフクォーターブローグシューズ 3577 598 ブラウン バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 黒 あす楽対応_ 新作入荷,定番 —— 21,800円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 アニリンカーフシングルモンクストラップシューズ 4319 598 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ シングル モンク 茶 あす楽対応_ 得価,豊富な

【12/2再入荷】 モデル4319スタイルシングルモンクストラップシューズ素材透き通るような質感の高級アニリンカーフ(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色598(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(シェイプの効いたエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格32,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 依然として根強い人気を誇る玄人向けシングルモンク「4319」ダブルモンクの人気が沸騰する中、依然として根強い人気を誇るのがシングルモンクです。 ストレートチップが真っ先に手に入れるべきドレスシューズなら、その対極に位置するのが シングルモンクです。ひと通りの靴を揃えた人が最後に行き着く、まさに玄人向けの一足です。 ダブルモンクよりも古く、ストラップシューズの元祖と言われるシングルモンクは、 その時代によって様々な姿に進化してきた歴史があり、バリエーションが豊富にあります。 こちらの4319は、現代に確立された「ブリティッシュスタイル」になります。 余分な装飾が省かれたシンプルな顔立ちで、ストラップとバックルが一対になった、 典型的なシングルモンクです。張り出しが抑え込まれたコバや、エレガントな流線型のバックル、 味わい深いアンティーク仕上げのソール等のディテールが、フォルムの美しさを際立たせています。 イギリス靴の正統性とスペイン靴の色気が融合した、バーウィックらしい素晴らしいデザインです。 服飾に関するルールを頑なに守る英国において、スーツスタイルに合わせることが認められている モンクストラップシューズなので、¨オンオフ兼用¨でヘビロテできることもポイントです。 スーツスタイルはもちろん、休日スタイルにも対応するオールマイティーな1足なので、 下駄箱には紐靴ばかりという方にお勧めします。1足あるとお洒落の幅が広がること請け合いです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 透き通るような質感の高級アニリンカーフアッパーには、『透き通るような質感の高級アニリンカーフ(牛革)』が使用されています。 選りすぐられた仔牛革の中でも、特にキメの細かい部位のみを使用し、質感を損なわないように アニリン仕上げを施した、透き通るような美しい質感のアニリンカーフになります。 厚みのわりにやわらかく、弾力性に富むため、履くほどに足に馴染むことが特徴です。 職人のハンドポリッシュによる光沢が、なんとも言えない独特の色気を醸し出しています。 素肌の美しさで勝負できるクオリティの革なので、磨き甲斐があると思います。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.010.0625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 アニリンカーフシングルモンクストラップシューズ 4319 598 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ シングル モンク 茶 あす楽対応_ 得価,豊富な —— 21,800円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 アニリンカーフダブルモンクストラップシューズ 3637 598 ブラウン バーウィック 靴 シューズ ダブル モンク 茶 あす楽対応_ 正規品,100%新品

モデル3637スタイルダブルモンクストラップシューズ素材しなやかで美しい最上級アニリンカーフ(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色598(ダークブラウン)ラスト156(シェイプの効いたエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ジョンロブのWILLIAMを彷彿とさせる、正統派ダブルモンク「3637」ご紹介するのは、お洒落上級者御用達のダブルモンク『3637』になります。 ドレスシューズの中で、紐結びでもなく、スリッポン形式でもない、唯一の存在が モンクストラップシューズです。ストラップとバックルで甲をホールドする独特なデザインは、 15世紀にアルプス地域にいた修道士が履いていたサンダルが原型になっていると言われています。 こちらの3637は、ストラップとバックルが二対になったダブルモンクで、 そのルーツとして知られる、ジョンロブのWILLIAM(ウィリアム)を彷彿とさせる、 キリッと引き締まったストレートチップ(キャップトゥ)の王道デザインになります。 オリジナルに敬意を表した正統派ダブルモンクなのですが、土踏まずのアーチ部分が 強くシェイプされた細身の木型の採用によって、流れるような美しいフォルムを実現し、 さりげない色気を出しているところが上手いです。張り出しが抑え込まれたコバや、 エレガントな流線型のバックル等のディテールが、フォルムの美しさを際立たせています。 実物を目の当たりにした人は、この靴の造形美の虜になることは確実です!! ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、モンクストラップ向けに開発された『156』になります。 ほどよいロングノーズ具合のチゼルトゥ気味のエッグトゥは、マルチなシーンに対応します。 過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 トゥだけではなくサイドウォールも丸みを帯びており、全体にほどよいボリュームがあるので、 シンプルな着こなしにひと盛り感を加える¨攻めの靴¨になり、時代に左右されない普遍性を 備えた¨守りの靴¨にもなる、そんなダブルモンクシューズに仕上がっていると思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 透き通るような質感の高級アニリンカーフアッパーには、『透き通るような質感の高級アニリンカーフ(牛革)』が使用されています。 選りすぐられた仔牛革の中でも、特にキメの細かい部位のみを使用し、質感を損なわないように アニリン仕上げを施した、透き通るような美しい質感のアニリンカーフになります。 厚みのわりにやわらかく、弾力性に富むため、履くほどに足に馴染むことが特徴です。 職人のハンドポリッシュによる光沢が、なんとも言えない独特の色気を醸し出しています。 素肌の美しさで勝負できるクオリティの革なので、磨き甲斐があると思います。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.510.0625.029.010.06.525.529.510.0726.030.010.57.526.530.510.5827.031.010.58.527.531.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 アニリンカーフダブルモンクストラップシューズ 3637 598 ブラウン バーウィック 靴 シューズ ダブル モンク 茶 あす楽対応_ 正規品,100%新品 —— 22,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 カーフ外羽根Uチップシューズ 4168 442 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ Uチップ 茶 あす楽対応_ 最安値,格安

【12/2再入荷】 モデル4168スタイル外羽根Uチップシューズ素材透き通るような質感のワックスカーフ(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色442(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 こなれた感じを演出する 英国調外羽根Uチップ「4168」ご紹介するのは、5アイレットの外羽根Uチップ『4168』です。 デザインは、イギリスのカントリーシューズとしての起源を持つ、『外羽根Uチップ』。 狩猟やゴルフといったカントリースポーツシーンを想定し、雨天時にも水が浸入しにくいように 設計されています。Uチップのアイコンであるモカ縫いがアッパーに施されたカジュアルなデザインは ジャケパンスタイルをほどよくドレスダウンし、こなれた雰囲気を演出するのに一役買ってくれます。 カジュアルなスタイルにも合いますが、ジャケパンスタイルに合わせてもバッチリ決まります。 ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性とコスト面(ソールの張り替え頻度)いずれもレザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けの定番ラスト『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョイントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 履くほどに足に馴染んで味が出るワックスカーフアッパーには、『透き通るような質感のワックスカーフ(牛革)』が使用されています。 ワックスカーフと呼ばれるこちらの革は、選りすぐられた上質の仔牛革の中でも、特にキメが細かく、 傷やシワがない部位のみを使用し、ワックスを塗り込み、アイロンでプレスした表革になります。 通常、ワックスカーフは艶がなくマットな質感ですが、こちらの革は¨透き通るような美しい質感¨で、 表面に¨深みのある光沢¨があります。雨に強く、傷が付いても馴染みやすい(傷が目立ちにくい)という ワックスカーフの特徴はそのままに、極限までクオリティを追求したトップグレードの革です。 厚みがあるわりにやわらかく、弾力性に富むため、履くほどに足に馴染んで味が出てきます。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.58.527.530.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 カーフ外羽根Uチップシューズ 4168 442 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ Uチップ 茶 あす楽対応_ 最安値,格安 —— 22,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 茶 あす楽対応_ 新作,格安

モデル3577スタイルクォーターブローグ(5アイレット)素材英・チャールズ・F・ステッド社製のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色173(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット「3577」ご紹介するのは、ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット『3577』です。 デザインは、世界中の靴愛好家たちを魅了し続けるJOHN LOBB(ジョンロブ)の傑作モデル、 『PHILIP 2』を彷彿とさせる『クォーターブローグ(パンチドキャップトゥ)』です。 数あるビジネスシューズの中で、最も格式の高い内羽根ストレートチップがベースとなっており、 ビジネス向きなモデルです。格式の高さゆえににお堅い印象の内羽根ストレートチップですが、 トゥ部分にブローギング(穴飾り)を施し、王道を踏み外さない程度に遊び心がプラスされています。 さらに、当店の別注企画として、シューレースに本家PHILIP 2同様の平紐を採用することで、 ほどよく華やかなでエレガントな雰囲気が加わり、飽きることなく長く履ける一足が完成しています。 トゥにメダリオンが入らないため、トゥ部分の経年変化を楽しむことができるのもウレシイです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.010.0625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5928.031.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 茶 あす楽対応_ 新作,格安 —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 NEGRO ブラック サイズ7 バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 黒 あす楽対応_ 全国無料,爆買い

【キズもの・難ありアイテム/返品・交換不可】 Model/モデル3577Style/スタイルクォーターブローグ(5アイレット)Material/素材英・チャールズ・F・ステッド社製のスーパーバック(牛革)Sole/ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)Color/色NEGRO(ブラック)Manufacture/製法グッドイヤーウェルテッド製法Last/ラスト(木型)177(シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)Width/ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)Condition/状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。Price/国内参考価格30,000円+消費税Option/付属品化粧箱、布袋Made in/製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ 革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ご紹介するのは、ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット『3577』です。 デザインは、世界中の靴愛好家たちを魅了し続けるJOHN LOBB(ジョンロブ)の傑作モデル、 『PHILIP 2』を彷彿とさせる『クォーターブローグ(パンチドキャップトゥ)』です。 数あるビジネスシューズの中で、最も格式の高い内羽根ストレートチップがベースとなっており、 ビジネス向きなモデルです。格式の高さゆえににお堅い印象の内羽根ストレートチップですが、 トゥ部分にブローギング(穴飾り)を施し、王道を踏み外さない程度に遊び心がプラスされています。 さらに、当店の別注企画として、シューレースに本家PHILIP 2同様の平紐を採用することで、 ほどよく華やかなでエレガントな雰囲気が加わり、飽きることなく長く履ける一足が完成しています。 トゥにメダリオンが入らないため、トゥ部分の経年変化を楽しむことができるのもウレシイです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 バーウィックは、グッドイヤーウェルテッド製法を標準仕様として採用しています。 当店で展開している同ブランドの全モデルも、グッドイヤーウェルテッド製法でつくられています。 熟練の職人によって作られる丁寧な吊り込みにはじまり、美しいコバの目付け、たっぷりと 詰められたコルクなど、本格英国靴と比較しても遜色のない出来栄えです。 インソールの感触も心地よく、履き込むにつれてフィット感が向上します。 履き込んだ後に、傷んだソールを交換できる構造をしていることも見逃せないポイントです。 アッパーには、『英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 2~30万円の投資をすれば、ジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、グッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されていることも嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、是非お試しください。 表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.010.0625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5(単位:cm) ※ 左足ソールにサイズ刻印の修正跡が見られます。また、専用布袋が付属いたしません。

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 NEGRO ブラック サイズ7 バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 黒 あす楽対応_ 全国無料,爆買い —— 19,200円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 黒 あす楽対応_ 人気定番,SALE

モデル3577スタイルクォーターブローグ(5アイレット)素材英・チャールズ・F・ステッド社製のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色NEGRO(ブラック)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット「3577」ご紹介するのは、ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット『3577』です。 デザインは、世界中の靴愛好家たちを魅了し続けるJOHN LOBB(ジョンロブ)の傑作モデル、 『PHILIP 2』を彷彿とさせる『クォーターブローグ(パンチドキャップトゥ)』です。 数あるビジネスシューズの中で、最も格式の高い内羽根ストレートチップがベースとなっており、 ビジネス向きなモデルです。格式の高さゆえににお堅い印象の内羽根ストレートチップですが、 トゥ部分にブローギング(穴飾り)を施し、王道を踏み外さない程度に遊び心がプラスされています。 さらに、当店の別注企画として、シューレースに本家PHILIP 2同様の平紐を採用することで、 ほどよく華やかなでエレガントな雰囲気が加わり、飽きることなく長く履ける一足が完成しています。 トゥにメダリオンが入らないため、トゥ部分の経年変化を楽しむことができるのもウレシイです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.010.0625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 黒 あす楽対応_ 人気定番,SALE —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 SNUFF ブラウン バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 茶 あす楽対応_ 新作,安い

モデル3577スタイルクォーターブローグ(5アイレット)素材英・チャールズ・F・ステッド社製のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色SNUFF(スナッフ)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(シェイプの効いたチゼルトゥ気味のエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット「3577」ご紹介するのは、ビジネスシューズの定番、内羽根式の5アイレット『3577』です。 デザインは、世界中の靴愛好家たちを魅了し続けるJOHN LOBB(ジョンロブ)の傑作モデル、 『PHILIP 2』を彷彿とさせる『クォーターブローグ(パンチドキャップトゥ)』です。 数あるビジネスシューズの中で、最も格式の高い内羽根ストレートチップがベースとなっており、 ビジネス向きなモデルです。格式の高さゆえににお堅い印象の内羽根ストレートチップですが、 トゥ部分にブローギング(穴飾り)を施し、王道を踏み外さない程度に遊び心がプラスされています。 さらに、当店の別注企画として、シューレースに本家PHILIP 2同様の平紐を採用することで、 ほどよく華やかなでエレガントな雰囲気が加わり、飽きることなく長く履ける一足が完成しています。 トゥにメダリオンが入らないため、トゥ部分の経年変化を楽しむことができるのもウレシイです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードクォーターブローグシューズ 3577 SNUFF ブラウン バーウィック 靴 シューズ ストレートチップ 茶 あす楽対応_ 新作,安い —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードコインローファー 4172 173 ダークブラウン バーウィック バーウィック靴 シューズ ローファー 茶 あす楽対応_ お買い得,限定SALE

モデル4172スタイルコインローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール/英Dainite社製)色173(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格31,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 幅広いシーンに対応する人気定番靴『コインローファー』ご紹介するのは、幅広いシーンに対応する人気定番靴『コインローファー』になります。 英語で¨怠け者¨を意味するローファーは、履き口を締め上げる部品が存在せず、容易に脱ぎ履き できることが特徴です。日本ではドレスシューズの中でも一番幅広い年齢層に受け入れられています。 ローファーは、メーカーによって細かい仕様の違いを想像以上に楽しめる奥深い靴です。 こちらの一足は、サドルに「逆さになった半月型の小窓」がデザインされた、アメリカ靴の雄、 ALDEN(オールデン)のローファーをイメージして作られています。トゥまわりに絶妙なボリューム のある木型を採用することで、アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされていますが、 モカステッチが若干内側に入っているため、トゥの丸みが強調されてエレガントに見えることが特徴です。 カジュアルな中にも品のよさを感じさせるローファーなので、カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルにも対応します。オンオフ兼用できるので費用対効果バツグンです。 加えてソールは、英国の名門Dainite(ダイナイト社)のラバーソールで別注しています。 屈曲性が高くて歩きやすく、丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので悪天候でも 安心して穿けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)でレザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードコインローファー 4172 173 ダークブラウン バーウィック バーウィック靴 シューズ ローファー 茶 あす楽対応_ お買い得,限定SALE —— 21,100円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードコインローファー 4172 NAVY ネイビー バーウィック バーウィック靴 シューズ ローファー 紺 あす楽対応_ 豊富な,限定SALE

モデル4172スタイルコインローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール/英Dainite社製)色NAVY(ネイビー)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格31,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 幅広いシーンに対応する人気定番靴『コインローファー』ご紹介するのは、幅広いシーンに対応する人気定番靴『コインローファー』になります。 英語で¨怠け者¨を意味するローファーは、履き口を締め上げる部品が存在せず、容易に脱ぎ履き できることが特徴です。日本ではドレスシューズの中でも一番幅広い年齢層に受け入れられています。 ローファーは、メーカーによって細かい仕様の違いを想像以上に楽しめる奥深い靴です。 こちらの一足は、サドルに「逆さになった半月型の小窓」がデザインされた、アメリカ靴の雄、 ALDEN(オールデン)のローファーをイメージして作られています。トゥまわりに絶妙なボリューム のある木型を採用することで、アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされていますが、 モカステッチが若干内側に入っているため、トゥの丸みが強調されてエレガントに見えることが特徴です。 カジュアルな中にも品のよさを感じさせるローファーなので、カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルにも対応します。オンオフ兼用できるので費用対効果バツグンです。 加えてソールは、英国の名門Dainite(ダイナイト社)のラバーソールで別注しています。 屈曲性が高くて歩きやすく、丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので悪天候でも 安心して穿けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)でレザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードコインローファー 4172 NAVY ネイビー バーウィック バーウィック靴 シューズ ローファー 紺 あす楽対応_ 豊富な,限定SALE —— 21,100円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードコインローファー 4172 SNUFF ブラウン バーウィック バーウィック靴 シューズ ローファー 茶 あす楽対応_ 爆買い,豊富な

モデル4172スタイルコインローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール/英Dainite社製)色SNUFF(ブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格31,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 幅広いシーンに対応する人気定番靴『コインローファー』ご紹介するのは、幅広いシーンに対応する人気定番靴『コインローファー』になります。 英語で¨怠け者¨を意味するローファーは、履き口を締め上げる部品が存在せず、容易に脱ぎ履き できることが特徴です。日本ではドレスシューズの中でも一番幅広い年齢層に受け入れられています。 ローファーは、メーカーによって細かい仕様の違いを想像以上に楽しめる奥深い靴です。 こちらの一足は、サドルに「逆さになった半月型の小窓」がデザインされた、アメリカ靴の雄、 ALDEN(オールデン)のローファーをイメージして作られています。トゥまわりに絶妙なボリューム のある木型を採用することで、アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされていますが、 モカステッチが若干内側に入っているため、トゥの丸みが強調されてエレガントに見えることが特徴です。 カジュアルな中にも品のよさを感じさせるローファーなので、カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルにも対応します。オンオフ兼用できるので費用対効果バツグンです。 加えてソールは、英国の名門Dainite(ダイナイト社)のラバーソールで別注しています。 屈曲性が高くて歩きやすく、丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので悪天候でも 安心して穿けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)でレザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードコインローファー 4172 SNUFF ブラウン バーウィック バーウィック靴 シューズ ローファー 茶 あす楽対応_ 爆買い,豊富な —— 21,100円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードサイドゴアブーツ 351 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ サイドゴア ブーツ 茶 あす楽対応_ 人気定番,送料無料

【12/2再入荷】 モデル351スタイルサイドゴアブーツ素材英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色173(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(ドレスシューズ向けのシャープなエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 オンオフ問わず履けるシンプルなサイドゴアブーツ「351」ご紹介するのは、オンオフ兼用で使えるサイドゴアブーツ『351』になります。 メンズブーツの代表格であるサイドゴアブーツは、即位したばかりのヴィクトリア女王の用命を 受けたロンドンの靴屋によって作られました。脱ぎ履きが容易でフィット感の高い同ブーツは、 夫君であるアルバート公に気に入られ、イギリス議会への党員時に用いられるようになります。 当時はフォーマルな位置付けのブーツでしたが、1960年代にビートルズが履いたことで、 スウィンギングロンドンムーブメントの核となるブーツとして爆発的にヒットしました。 ムーブメントの中心地であったチェルシー地区にちなみ、チェルシーブーツとも呼ばれています。 上記のような歴史的背景を持つサイドゴアブーツは、スタイリング次第で、 カジュアルにもフォーマルにも合わせられる唯一のメンズブーツとして親しまれています。 こちらの351のように、アッパーになんの飾りもないプレーンなデザインを選べば、 スーツ姿にだってしれっと合わせられます。英国では礼服にも問題なく合わせているのですから、 服飾マナーとしてはまったく問題ありません。オンオフ問わず履ける、最高に便利な一足です。 余分な装飾を省いたシンプルなデザインですが、その根底にはバーウィックの哲学とも言える 「美しさへのこだわり」が流れています。低めに抑えられたトゥまわりから、甲へと向かって 駆け上がるように立ち上がるフォルムは、前、横、斜め、どこから見ても美しいです。 ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅高さ5.524.528.010.014.5625.028.510.015.06.525.529.010.015.0726.029.510.515.57.526.530.010.515.5827.030.510.516.08.527.531.010.516.0 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードサイドゴアブーツ 351 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ サイドゴア ブーツ 茶 あす楽対応_ 人気定番,送料無料 —— 22,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードサイドゴアブーツ 351 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ サイドゴア ブーツ 黒 あす楽対応_ 限定SALE,2017

【12/2再入荷】 モデル351スタイルサイドゴアブーツ素材英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色NEGRO(ブラック)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(ドレスシューズ向けのシャープなエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 オンオフ問わず履けるシンプルなサイドゴアブーツ「351」ご紹介するのは、オンオフ兼用で使えるサイドゴアブーツ『351』になります。 メンズブーツの代表格であるサイドゴアブーツは、即位したばかりのヴィクトリア女王の用命を 受けたロンドンの靴屋によって作られました。脱ぎ履きが容易でフィット感の高い同ブーツは、 夫君であるアルバート公に気に入られ、イギリス議会への党員時に用いられるようになります。 当時はフォーマルな位置付けのブーツでしたが、1960年代にビートルズが履いたことで、 スウィンギングロンドンムーブメントの核となるブーツとして爆発的にヒットしました。 ムーブメントの中心地であったチェルシー地区にちなみ、チェルシーブーツとも呼ばれています。 上記のような歴史的背景を持つサイドゴアブーツは、スタイリング次第で、 カジュアルにもフォーマルにも合わせられる唯一のメンズブーツとして親しまれています。 こちらの351のように、アッパーになんの飾りもないプレーンなデザインを選べば、 スーツ姿にだってしれっと合わせられます。英国では礼服にも問題なく合わせているのですから、 服飾マナーとしてはまったく問題ありません。オンオフ問わず履ける、最高に便利な一足です。 余分な装飾を省いたシンプルなデザインですが、その根底にはバーウィックの哲学とも言える 「美しさへのこだわり」が流れています。低めに抑えられたトゥまわりから、甲へと向かって 駆け上がるように立ち上がるフォルムは、前、横、斜め、どこから見ても美しいです。 ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。 イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅高さ5.524.528.010.014.5625.028.510.015.06.525.529.010.015.0726.029.510.515.57.526.530.010.515.5827.030.510.516.08.527.531.010.516.0 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードサイドゴアブーツ 351 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ サイドゴア ブーツ 黒 あす楽対応_ 限定SALE,2017 —— 22,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードシングルモンクストラップシューズ 4319 173 ダークブラウン 靴 シューズ シングル モンク 茶 あす楽対応_ 人気セール,爆買い

モデル4319スタイルシングルモンクストラップシューズ素材英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色173(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト177(シェイプの効いたエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格32,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 依然として根強い人気を誇る玄人向けシングルモンク「4319」ダブルモンクの人気が沸騰する中、依然として根強い人気を誇るのがシングルモンクです。 ストレートチップが真っ先に手に入れるべきドレスシューズなら、その対極に位置するのが シングルモンクです。ひと通りの靴を揃えた人が最後に行き着く、まさに玄人向けの一足です。 ダブルモンクよりも古く、ストラップシューズの元祖と言われるシングルモンクは、 その時代によって様々な姿に進化してきた歴史があり、バリエーションが豊富にあります。 こちらの4319は、現代に確立された「ブリティッシュスタイル」になります。 余分な装飾が省かれたシンプルな顔立ちで、ストラップとバックルが一対になった、 典型的なシングルモンクです。張り出しが抑え込まれたコバや、エレガントな流線型のバックル、 味わい深いアンティーク仕上げのソール等のディテールが、フォルムの美しさを際立たせています。 イギリス靴の正統性とスペイン靴の色気が融合した、バーウィックらしい素晴らしいデザインです。 服飾に関するルールを頑なに守る英国において、スーツスタイルに合わせることが認められている モンクストラップシューズなので、¨オンオフ兼用¨でヘビロテできることもポイントです。 スーツスタイルはもちろん、休日スタイルにも対応するオールマイティーな1足なので、 下駄箱には紐靴ばかりという方にお勧めします。1足あるとお洒落の幅が広がること請け合いです。 ラスト(木型)は、ドレスシューズ向けの定番『177』になります。イタリア靴を彷彿とさせるロングノーズかつシャープな印象ですが、トゥに絶妙な丸みがある エッグトゥなので、過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 エレガントな丸みを帯びたトゥや、なだらかに立ち上がるサイドウォールに対し、 土踏まずのアーチは強めにシェイプされており、全体を眺めるとメリハリのある印象です。 細身ながらボールジョイントがしっかり確保されており、足が痛くなりにくいことが特徴です。 ドレスシューズにマッチする、足元をスッキリと美しく見せるための木型と言えます。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.010.0625.028.510.06.525.529.010.0726.029.510.57.526.530.010.5827.030.510.58.527.531.010.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードシングルモンクストラップシューズ 4319 173 ダークブラウン 靴 シューズ シングル モンク 茶 あす楽対応_ 人気セール,爆買い —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 茶 あす楽対応_ 最新作,定番

【12/2再入荷】 モデル4171スタイルタッセルローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色173(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 アメリカ靴を彷彿とさせる傑作タッセルローファー「4171」ご紹介するのは、このところ高い人気を維持している『タッセルローファー』になります。 アメリカ靴の雄、ALDEN(オールデン)が元祖とされているタッセルローファー。 バーウィックはスペインのメーカーですが、同モデルはオリジナルを目指して作られています。 履き口まわりをシューレースがぐるりと一周していて、甲にタッセル(房飾り)があしらわれている 基本に忠実なデザインをベースに、絶妙なボリュームのある木型を採用することによって、 アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされています。厚みのあるレザーソールも ポイントで、アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルやスーツスタイルにも対応するので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 汎用性が高いので一足持っていて損はないと思います。とにかく使い勝手がいいです。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.58.527.530.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 茶 あす楽対応_ 最新作,定番 —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 NAVY ネイビー バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 紺 あす楽対応_ 正規品,高品質

モデル4171スタイルタッセルローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色NAVY(ネイビー)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 アメリカ靴を彷彿とさせる傑作タッセルローファー「4171」ご紹介するのは、このところ高い人気を維持している『タッセルローファー』になります。 アメリカ靴の雄、ALDEN(オールデン)が元祖とされているタッセルローファー。 バーウィックはスペインのメーカーですが、同モデルはオリジナルを目指して作られています。 履き口まわりをシューレースがぐるりと一周していて、甲にタッセル(房飾り)があしらわれている 基本に忠実なデザインをベースに、絶妙なボリュームのある木型を採用することによって、 アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされています。厚みのあるレザーソールも ポイントで、アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルやスーツスタイルにも対応するので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 汎用性が高いので一足持っていて損はないと思います。とにかく使い勝手がいいです。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.58.527.530.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 NAVY ネイビー バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 紺 あす楽対応_ 正規品,高品質 —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 黒 あす楽対応_ 新品,限定セール

モデル4171スタイルタッセルローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色NEGRO(ブラック)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 アメリカ靴を彷彿とさせる傑作タッセルローファー「4171」ご紹介するのは、このところ高い人気を維持している『タッセルローファー』になります。 アメリカ靴の雄、ALDEN(オールデン)が元祖とされているタッセルローファー。 バーウィックはスペインのメーカーですが、同モデルはオリジナルを目指して作られています。 履き口まわりをシューレースがぐるりと一周していて、甲にタッセル(房飾り)があしらわれている 基本に忠実なデザインをベースに、絶妙なボリュームのある木型を採用することによって、 アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされています。厚みのあるレザーソールも ポイントで、アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルやスーツスタイルにも対応するので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 汎用性が高いので一足持っていて損はないと思います。とにかく使い勝手がいいです。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.58.527.530.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 黒 あす楽対応_ 新品,限定セール —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 SNUFF ブラウン バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 茶 あす楽対応_ 数量限定,安い

【12/2再入荷】 モデル4171スタイルタッセルローファー素材英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DE SUELA(シングルレザーソール/ラバートップリフト)色SNUFF(ブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格30,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 アメリカ靴を彷彿とさせる傑作タッセルローファー「4171」ご紹介するのは、このところ高い人気を維持している『タッセルローファー』になります。 アメリカ靴の雄、ALDEN(オールデン)が元祖とされているタッセルローファー。 バーウィックはスペインのメーカーですが、同モデルはオリジナルを目指して作られています。 履き口まわりをシューレースがぐるりと一周していて、甲にタッセル(房飾り)があしらわれている 基本に忠実なデザインをベースに、絶妙なボリュームのある木型を採用することによって、 アメリカ靴を彷彿とさせるクラシックなイメージが打ちされています。厚みのあるレザーソールも ポイントで、アメリカ的な雰囲気作りにひと役買っています。カジュアルスタイルはもちろん、 ジャケパンスタイルやスーツスタイルにも対応するので、オンオフ問わず大活躍してくれます。 汎用性が高いので一足持っていて損はないと思います。とにかく使い勝手がいいです。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けに開発された『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.527.510.0625.028.010.06.525.528.510.0726.029.010.57.526.529.510.5827.030.010.58.527.530.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードタッセルローファー 4171 SNUFF ブラウン バーウィック 靴 シューズ タッセル ローファー 茶 あす楽対応_ 数量限定,安い —— 20,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードダブルモンクストラップシューズ 3637 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ ダブル モンク 茶 あす楽対応_ 爆買い,本物保証

【12/2再入荷】 モデル3637スタイルダブルモンクストラップシューズ素材英・チャールズ・F・ステッド社製のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色173(ダークブラウン)ラスト156(シェイプの効いたエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格31,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ジョンロブのWILLIAMを彷彿とさせる、正統派ダブルモンク「3637」ご紹介するのは、お洒落上級者御用達のダブルモンク『3637』になります。 ドレスシューズの中で、紐結びでもなく、スリッポン形式でもない、唯一の存在が モンクストラップシューズです。ストラップとバックルで甲をホールドする独特なデザインは、 15世紀にアルプス地域にいた修道士が履いていたサンダルが原型になっていると言われています。 こちらの3637は、ストラップとバックルが二対になったダブルモンクで、 そのルーツとして知られる、ジョンロブのWILLIAM(ウィリアム)を彷彿とさせる、 キリッと引き締まったストレートチップ(キャップトゥ)の王道デザインになります。 オリジナルに敬意を表した正統派ダブルモンクなのですが、土踏まずのアーチ部分が 強くシェイプされた細身の木型の採用によって、流れるような美しいフォルムを実現し、 さりげない色気を出しているところが上手いです。張り出しが抑え込まれたコバや、 エレガントな流線型のバックル等のディテールが、フォルムの美しさを際立たせています。 実物を目の当たりにした人は、この靴の造形美の虜になることは確実です!! ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、モンクストラップ向けに開発された『156』になります。 ほどよいロングノーズ具合のチゼルトゥ気味のエッグトゥは、マルチなシーンに対応します。 過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 トゥだけではなくサイドウォールも丸みを帯びており、全体にほどよいボリュームがあるので、 シンプルな着こなしにひと盛り感を加える¨攻めの靴¨になり、時代に左右されない普遍性を 備えた¨守りの靴¨にもなる、そんなダブルモンクシューズに仕上がっていると思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.510.0625.029.010.06.525.529.510.0726.030.010.57.526.530.510.5827.031.010.58.527.531.510.5928.031.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードダブルモンクストラップシューズ 3637 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ ダブル モンク 茶 あす楽対応_ 爆買い,本物保証 —— 21,100円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードダブルモンクストラップシューズ 3637 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ ダブル モンク 黒 あす楽対応_ 数量限定,定番人気

【12/2再入荷】 モデル3637スタイルダブルモンクストラップシューズ素材英・チャールズ・F・ステッド社製のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色NEGRO(ブラック)ラスト156(シェイプの効いたエッグトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格31,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 ジョンロブのWILLIAMを彷彿とさせる、正統派ダブルモンク「3637」ご紹介するのは、お洒落上級者御用達のダブルモンク『3637』になります。 ドレスシューズの中で、紐結びでもなく、スリッポン形式でもない、唯一の存在が モンクストラップシューズです。ストラップとバックルで甲をホールドする独特なデザインは、 15世紀にアルプス地域にいた修道士が履いていたサンダルが原型になっていると言われています。 こちらの3637は、ストラップとバックルが二対になったダブルモンクで、 そのルーツとして知られる、ジョンロブのWILLIAM(ウィリアム)を彷彿とさせる、 キリッと引き締まったストレートチップ(キャップトゥ)の王道デザインになります。 オリジナルに敬意を表した正統派ダブルモンクなのですが、土踏まずのアーチ部分が 強くシェイプされた細身の木型の採用によって、流れるような美しいフォルムを実現し、 さりげない色気を出しているところが上手いです。張り出しが抑え込まれたコバや、 エレガントな流線型のバックル等のディテールが、フォルムの美しさを際立たせています。 実物を目の当たりにした人は、この靴の造形美の虜になることは確実です!! ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、モンクストラップ向けに開発された『156』になります。 ほどよいロングノーズ具合のチゼルトゥ気味のエッグトゥは、マルチなシーンに対応します。 過度に主張せず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 トゥだけではなくサイドウォールも丸みを帯びており、全体にほどよいボリュームがあるので、 シンプルな着こなしにひと盛り感を加える¨攻めの靴¨になり、時代に左右されない普遍性を 備えた¨守りの靴¨にもなる、そんなダブルモンクシューズに仕上がっていると思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバックアッパーには、『英チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)』が使用されています。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅5.524.528.510.0625.029.010.06.525.529.510.0726.030.010.57.526.530.510.5827.031.010.58.527.531.510.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードダブルモンクストラップシューズ 3637 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ ダブル モンク 黒 あす楽対応_ 数量限定,定番人気 —— 21,100円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードチャッカブーツ 320 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ チャッカ ブーツ 茶 あす楽対応_ 高品質,2017

モデル320スタイルチャッカブーツ素材英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色173(ダークブラウン)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 スペイン靴らしい色気を纏うドレスチャッカ「320」ご紹介するのは、ジャケパンスタイルの必需品、チャッカブーツ『320』です。 オンオフ兼用のドレスチャッカである320は、チャッカブーツの高い汎用性はそのままに、 土踏まずのアーチがシェイプされた細身木型を採用することで¨流れるような美しいフォルム¨を 実現しています。張り出しが抑えられたコバ、ピッチが細かく整然と並ぶステッチワークが、 フォルムの美しさを際立たせるとともに、スペイン靴らしい色気を生み出しています。 実物を目の当たりにした人は、この靴の造形美の虜になることは確実です!! 世に溢れるカジュアルなチャッカブーツとは一線を画す、ドレッシーかつエレガントな佇まいの 「ドレスチャッカ」なので、オンオフ問わず使用できます。スーツスタイルにもばっちり合います。 ドレス顔でありながら、優しい風合いのスエード素材が用いられているので、カッチリしすぎることは ありません。ドレスとカジュアルの隙間感を見事についた、まさに大人のための一足です。 ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けの定番ラスト『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョイントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅高さ5.524.527.510.014.0625.028.010.014.26.525.528.510.014.2726.029.010.514.57.526.529.510.514.5827.030.010.514.58.527.530.510.514.5928.030.510.514.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードチャッカブーツ 320 173 ダークブラウン バーウィック 靴 シューズ チャッカ ブーツ 茶 あす楽対応_ 高品質,2017 —— 22,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードチャッカブーツ 320 NAVY ネイビー バーウィック 靴 シューズ チャッカ ブーツ 紺 あす楽対応_ 本物保証,定番

モデル320スタイルチャッカブーツ素材英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色NAVY(ネイビー)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 スペイン靴らしい色気を纏うドレスチャッカ「320」ご紹介するのは、ジャケパンスタイルの必需品、チャッカブーツ『320』です。 オンオフ兼用のドレスチャッカである320は、チャッカブーツの高い汎用性はそのままに、 土踏まずのアーチがシェイプされた細身木型を採用することで¨流れるような美しいフォルム¨を 実現しています。張り出しが抑えられたコバ、ピッチが細かく整然と並ぶステッチワークが、 フォルムの美しさを際立たせるとともに、スペイン靴らしい色気を生み出しています。 実物を目の当たりにした人は、この靴の造形美の虜になることは確実です!! 世に溢れるカジュアルなチャッカブーツとは一線を画す、ドレッシーかつエレガントな佇まいの 「ドレスチャッカ」なので、オンオフ問わず使用できます。スーツスタイルにもばっちり合います。 ドレス顔でありながら、優しい風合いのスエード素材が用いられているので、カッチリしすぎることは ありません。ドレスとカジュアルの隙間感を見事についた、まさに大人のための一足です。 ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けの定番ラスト『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョイントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅高さ5.524.527.510.014.0625.028.010.014.26.525.528.510.014.2726.029.010.514.57.526.529.510.514.5827.030.010.514.58.527.530.510.514.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードチャッカブーツ 320 NAVY ネイビー バーウィック 靴 シューズ チャッカ ブーツ 紺 あす楽対応_ 本物保証,定番 —— 22,500円

Berwick1707(バーウィック)

バーウィック Berwick1707 スエードチャッカブーツ 320 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ チャッカ ブーツ 黒 あす楽対応_ 格安,新品

モデル320スタイルチャッカブーツ素材英国チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック(牛革)ソールPISO DAINITE(ダイナイトソール)色NEGRO(ブラック)製法グッドイヤーウェルテッド製法ラスト207(クセのないやや短めのノーズのラウンドトゥ)ウィズEウィズ相当(日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。 また、外箱にダメージがある場合がございます。予めご了承下さい。参考価格33,000円+消費税付属品化粧箱、布袋製造国made in SPAINバーウィックの他のアイテムはコチラ→ アイテム説明 Item Detail お値段以上の満足感が得られる注目のスペイン靴ブランド革靴の本場であるヨーロッパにおいて、供給量が2番目に多いのはどこの国でしょうか。 ちなみに1番目はイタリア。2番目は、ほとんど知られていませんが、スペインです。 LOEWE(ロエベ)に代表される高級革ブランドを擁するスペインでは、革靴においても MAGNANNI(マグナーニ)やYANKO(ヤンコ)、CARMINA(カルミナ)、 CORDWAINER(コードウェイナー)など、スペインならではの個性や色気を持ちつつ、 職人の手作業にこだわった質実剛健な靴作りをしているブランドが数多く存在します。 スペインを代表する靴ブランドのひとつ『Berwick1707(バーウィック)』では、 すべてのモデルに高品質・高機能なグッドイヤーウェルテッド製法を標準採用しています。 素材には、スムースレザーはフランスのデュプイ、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッド、 さらにはアメリカのホーウィンなど、一流のタンナーが供給する高級革を惜しみなく使用しています。 もしも同じクオリティの革靴がイタリア製やイギリス製なら、おそらく倍以上の価格になると思います。 イタリアやイギリスの本格靴には憧れるけど、プライス的にちょっと手が出せないな・・・と 歯がゆい思いをしている方には、是非ともチェックして頂きたいブランドです。 正統派イギリス靴をテーマに当店のバイヤーが作り込んでいます!余談ですが、当店で扱っているバーウィックの靴は、ほとんどが別注品になります。 現在、バーウィックには国内代理店がありません。そのため、お求めやすい価格でご提供できる 訳なのですが、ラインナップが豊富で、それぞれのモデルのテイストが統一されていません。 そこで当店は「イギリスの香りがするスペイン靴」をコンセプトに掲げ、木型や革の変更、 ときには紐など細部のディテールまで指定して、オリジナルコレクションを展開しています。 私が愛する靴たち、ジョンロブ、エドワードグリーン、クロケット&ジョーンズ、 そしてオールデン、いずれのモデルもこれらのブランドをイメージして別注しています。 スペイン靴らしい色気を纏うドレスチャッカ「320」ご紹介するのは、ジャケパンスタイルの必需品、チャッカブーツ『320』です。 オンオフ兼用のドレスチャッカである320は、チャッカブーツの高い汎用性はそのままに、 土踏まずのアーチがシェイプされた細身木型を採用することで¨流れるような美しいフォルム¨を 実現しています。張り出しが抑えられたコバ、ピッチが細かく整然と並ぶステッチワークが、 フォルムの美しさを際立たせるとともに、スペイン靴らしい色気を生み出しています。 実物を目の当たりにした人は、この靴の造形美の虜になることは確実です!! 世に溢れるカジュアルなチャッカブーツとは一線を画す、ドレッシーかつエレガントな佇まいの 「ドレスチャッカ」なので、オンオフ問わず使用できます。スーツスタイルにもばっちり合います。 ドレス顔でありながら、優しい風合いのスエード素材が用いられているので、カッチリしすぎることは ありません。ドレスとカジュアルの隙間感を見事についた、まさに大人のための一足です。 ソールには、ダイナイトソール(英Dainite社製)を採用いたしました。 屈曲性が高くて歩きやすい、そのうえ丈夫で擦り減りにくい、さらにはグリップ力があるので雨の日でも 安心して履けます。実用性・コスト面(ソールの張り替え頻度)のどちらも、レザーソールより秀でています。 ラスト(木型)は、ローファーや外羽根靴向けの定番ラスト『207』になります。 やや短めのノーズのラウンドトゥは、クセがなく、マルチなシーンに対応します。 トゥまわりにアメリカ靴を彷彿させる絶妙なボリュームがあることが特徴です。 丸みを帯びたやわらかい印象のフォルムですが、立ち上がりのいいサイドウォールや 小さめのヒールカップによって、締めるところはしっかり締めているところが上手いです。 ボールジョイントが確保されているため、長時間履いても足が痛くなりにくいこともポイント。 非常にバランスのいい中庸な木型なので、ほとんどの人の足に合うと思います。 本格靴ブランドに見劣りしない高品質なグッドイヤーウェルテッド製法製法は、バーウィックの十八番『グッドイヤーウェルテッド製法』になります。 グッドイヤーウェルテッド製法は、インソールとアウトソールの間に緩衝材(クッション材)の コルクが挟み込まれているため、履き込むにつれてコルクが沈み込み、持ち主の足の形状に 馴染んでいく、つまり、履けば履くほどに履きやすくなってくることが特徴です。 また、とても頑丈で型崩れしにくい、水が浸入しにくい、ソールの張り替えが可能なので 長く愛用できるといった利点があります。バーウィックでは、熟練した靴職人が丁寧に吊り込み、 コルクをたっぷり挟み込み、シャンクを入れて安定させ、ゆっくりと丁寧に出し縫いを行い、 仕上げにコバをキレイに磨き上げています。美しく堅牢なグッドイヤーウェルテッド製法は、 贔屓目なしに見ても、ノーザンプトンに拠点を置く本格靴ブランドに見劣りしません。 イギリスの名門チャールズ・F・ステッド社のスーパーバック毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 私見ですが、サントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと思います。 ほどよい厚みのある革ですが、すごくやわらかいので、すぐに足に馴染みます。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 お求めやすい価格だからお手持ちの靴バリエーションを増やせますおおよそ20万円の投資でジョンロブやエドワードグリーンなどの名靴を手にすることができます。 しかし、これくらいの価格帯になってくると、何足も買い揃えるのはなかなか難しいのが実情です。 バーウィックであれば、お手頃な価格でお手持ちのバリエーションを増やすことができます。 良質な素材、堅牢なグッドイヤー製法など、長く履き続けられるように配慮されている点も嬉しいです。 近年注目を集めるスペイン靴の魅力を堪能することができるので、気になる人は是非お試し下さい。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅高さ5.524.527.510.014.0625.028.010.014.26.525.528.510.014.2726.029.010.514.57.526.529.510.514.5827.030.010.514.58.527.530.510.514.5 (単位: cm)

バーウィック Berwick1707 スエードチャッカブーツ 320 NEGRO ブラック バーウィック 靴 シューズ チャッカ ブーツ 黒 あす楽対応_ 格安,新品 —— 22,500円