www.wisconsindachshund.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザースリッポン 1075UF6E BLU アンティークネイビー デュカルス 靴 スリッポン ローファー メンズ あす楽対応_ 爆買い,本物保証

【OUTLET商品】 モデル1075UF6Eスタイルアルバートスリッパ素材FLAT(イントレチャートエンボスレザー/牛革)ソールCAPRI (レザーソール/ラバートップリフト)色BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラストMAXウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 手作業で染色されているため、はじめから独特の色ムラがあります。参考価格50,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、『イントレチャートエンボスレザースリッポン(1075UF6E)』です。 1075UF6Eは、ピッティでお披露目された春夏コレクションを代表するモデルになります。 「FLAT」という名称のイントレチャートエンボスレザーに熟練職人がハンドペイントで色づけし、 仕上げにアンティーク加工を施した、なんとも高級感のある大人にぴったりの一足です。 春夏らしい軽快さは残しつつもエレガントな印象を出したいときに活躍してくれます。 ベースになっているのは、『アルバートスリッパ』という聞き慣れないアイテムです。 アルバートスリッパとは、18世紀末頃にイギリスで誕生した貴族が屋敷内で気軽に履くことを 目的にした靴のことです。正式なものはベルベット素材で甲にワンポイント刺繍が入ります。 クロケット&ジョーンズやトリッカーズ等、イギリスの高級靴メーカーでは、現在でも アルバートスリッパを展開しています。余談ですが、イギリスのヴィクトリア女王の夫君、 アルバート公のお気に入りの履物だったため、この名で呼ばれるようになったそうです。 そんなアルバートスリッパが、このところ洒落者たちの間でプチブレイクしています。 アルバートスリッパと単語にすると、なんのことやら!?、という人が多いと思いますが、 画像を見れば、そうそう、この靴、最近見かけるようになった、と気づくのではないでしょうか。 今までなかったジャンルの靴なので他人と差別化しやすい、なお且つ、昨今主流になっている テーパードシルエットのパンツとの相性がよく、ハイセンスな足元を演出できる、という理由から、 LEONでお馴染みのpolpetta(ポルペッタ)など、多くのブランドが同靴を展開しています。 世界中のファッショニスタが集結するピッティ・ウォモでは、アルバートスリッパはもはや定番で、 お洒落な人が履いている姿をよく見ます。セレクトショップの店頭でも見かける機会が増えました。 イタリア人のフィルターを通して作ったアルバートスリッパ、それがこちらの品です。 アルバートスリッパ特有のエレガントなフォルムを大切にしつつも、アッパーにイントレチャート エンボスレザーを採用することで唯一無二の個性が生み出されています。職人のハンドペイントによる アンティーク仕上げも素晴らしく、イタリア靴ならではの色気を生み出す大きな要因になっています。 オリジナルとは違って街履き(外履き)を前提に作られているので、すごく実用性が高いです。 スリッパという名称ですが、要はスリッポンと同じなので、幅広いコーディネートに活用できます。 履くだけで¨(お洒落を)分かってる感¨を演出できるので、利用価値は大いにあります。 使用されている木型は、16SSコレクション初登場となる『MAX』になります。 絶妙なボリューム感のあるエッグトゥなのですが、コバの張り出しが抑えられていて、 土踏まずのアーチ部分が程よくシェイプしているので、すっきりスマートな印象です。 加えて、長すぎず短すぎない絶妙なノーズバランスや、低めに抑えられたトゥまわり、 小さめのヒールカップなど、全体のバランスがよく、まとまり感があります。 踵の食いつき(ホールド感)も申し分ないので、踵抜けの心配はありません。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「CAPRI」という名称の、薄手のレザーソールが使用されています。 マッケイ製法で作られているのでソールの返りがよく、まるでスニーカーのようにソールが フニャッと返る(曲がる)ので、驚くほど歩きやすいです。マッケイ製法はアッパーとソールを 直接縫い付けるため、グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、 デュカルスではこの問題を最先端素材「カーボンインソール」を採用することで解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『アンティーク仕上げのイントレチャートエンボスレザー(牛革)』です。 「FLAT」という名称の、トップクオリティのカーフにイントレチャート(籠編み模様)を 型押ししたエクスクルーシブなエンボスレザーになります。ともすればチープに見えてしまう エンボスレザーですが、ひとつひとつの編み目が立体的になっていてレザーを編み込んだ 本物のイントレチャートと見紛うほどリアルな質感なので、圧倒的な高級感があります。 職人のハンドペイントによって色づけされ、その後、磨きをかけて透き通るような艶を出し、 最後にアンティーク加工を施してムラ感を生み出すという、手間のかかる工程を経ているため、 言葉では表せないような独特の雰囲気があります。肉厚感のあるエンボスレザーなので型崩れしにくく 丈夫で長持ちする、それでいて足馴染みがよく、履き込むほどに味が増してくることもポイントです。 軽快さとエレガントさを両立した「イントレチャートエンボスレザースリッポン(1075UF6E)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.524.527.59.83925.028.09.939.525.528.09.94026.028.510.040.526.529.010.24127.029.510.341.527.529.510.3※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザースリッポン 1075UF6E BLU アンティークネイビー デュカルス 靴 スリッポン ローファー メンズ あす楽対応_ 爆買い,本物保証 —— 28,100円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザースリッポン 1075UF6E T.MORO アンティークブラウン デュカルス 靴 スリッポン ローファー メンズ あす楽対応_ 送料無料,新品

【OUTLET商品】 モデル1075UF6Eスタイルアルバートスリッパ素材FLAT(イントレチャートエンボスレザー/牛革)ソールCAPRI (レザーソール/ラバートップリフト)色T.MORO(アンティークブラウン)製法マッケイ製法ラストMAXウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 手作業で染色されているため、はじめから独特の色ムラがあります。参考価格50,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、『イントレチャートエンボスレザースリッポン(1075UF6E)』です。 1075UF6Eは、ピッティでお披露目された春夏コレクションを代表するモデルになります。 「FLAT」という名称のイントレチャートエンボスレザーに熟練職人がハンドペイントで色づけし、 仕上げにアンティーク加工を施した、なんとも高級感のある大人にぴったりの一足です。 春夏らしい軽快さは残しつつもエレガントな印象を出したいときに活躍してくれます。 ベースになっているのは、『アルバートスリッパ』という聞き慣れないアイテムです。 アルバートスリッパとは、18世紀末頃にイギリスで誕生した貴族が屋敷内で気軽に履くことを 目的にした靴のことです。正式なものはベルベット素材で甲にワンポイント刺繍が入ります。 クロケット&ジョーンズやトリッカーズ等、イギリスの高級靴メーカーでは、現在でも アルバートスリッパを展開しています。余談ですが、イギリスのヴィクトリア女王の夫君、 アルバート公のお気に入りの履物だったため、この名で呼ばれるようになったそうです。 そんなアルバートスリッパが、このところ洒落者たちの間でプチブレイクしています。 アルバートスリッパと単語にすると、なんのことやら!?、という人が多いと思いますが、 画像を見れば、そうそう、この靴、最近見かけるようになった、と気づくのではないでしょうか。 今までなかったジャンルの靴なので他人と差別化しやすい、なお且つ、昨今主流になっている テーパードシルエットのパンツとの相性がよく、ハイセンスな足元を演出できる、という理由から、 LEONでお馴染みのpolpetta(ポルペッタ)など、多くのブランドが同靴を展開しています。 世界中のファッショニスタが集結するピッティ・ウォモでは、アルバートスリッパはもはや定番で、 お洒落な人が履いている姿をよく見ます。セレクトショップの店頭でも見かける機会が増えました。 イタリア人のフィルターを通して作ったアルバートスリッパ、それがこちらの品です。 アルバートスリッパ特有のエレガントなフォルムを大切にしつつも、アッパーにイントレチャート エンボスレザーを採用することで唯一無二の個性が生み出されています。職人のハンドペイントによる アンティーク仕上げも素晴らしく、イタリア靴ならではの色気を生み出す大きな要因になっています。 オリジナルとは違って街履き(外履き)を前提に作られているので、すごく実用性が高いです。 スリッパという名称ですが、要はスリッポンと同じなので、幅広いコーディネートに活用できます。 履くだけで¨(お洒落を)分かってる感¨を演出できるので、利用価値は大いにあります。 使用されている木型は、16SSコレクション初登場となる『MAX』になります。 絶妙なボリューム感のあるエッグトゥなのですが、コバの張り出しが抑えられていて、 土踏まずのアーチ部分が程よくシェイプしているので、すっきりスマートな印象です。 加えて、長すぎず短すぎない絶妙なノーズバランスや、低めに抑えられたトゥまわり、 小さめのヒールカップなど、全体のバランスがよく、まとまり感があります。 踵の食いつき(ホールド感)も申し分ないので、踵抜けの心配はありません。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「CAPRI」という名称の、薄手のレザーソールが使用されています。 マッケイ製法で作られているのでソールの返りがよく、まるでスニーカーのようにソールが フニャッと返る(曲がる)ので、驚くほど歩きやすいです。マッケイ製法はアッパーとソールを 直接縫い付けるため、グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、 デュカルスではこの問題を最先端素材「カーボンインソール」を採用することで解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『アンティーク仕上げのイントレチャートエンボスレザー(牛革)』です。 「FLAT」という名称の、トップクオリティのカーフにイントレチャート(籠編み模様)を 型押ししたエクスクルーシブなエンボスレザーになります。ともすればチープに見えてしまう エンボスレザーですが、ひとつひとつの編み目が立体的になっていてレザーを編み込んだ 本物のイントレチャートと見紛うほどリアルな質感なので、圧倒的な高級感があります。 職人のハンドペイントによって色づけされ、その後、磨きをかけて透き通るような艶を出し、 最後にアンティーク加工を施してムラ感を生み出すという、手間のかかる工程を経ているため、 言葉では表せないような独特の雰囲気があります。肉厚感のあるエンボスレザーなので型崩れしにくく 丈夫で長持ちする、それでいて足馴染みがよく、履き込むほどに味が増してくることもポイントです。 軽快さとエレガントさを両立した「イントレチャートエンボスレザースリッポン(1075UF6E)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.524.527.59.83925.028.09.939.525.528.09.94026.028.510.040.526.529.010.24127.029.510.341.527.529.510.3※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザースリッポン 1075UF6E T.MORO アンティークブラウン デュカルス 靴 スリッポン ローファー メンズ あす楽対応_ 送料無料,新品 —— 28,100円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザーダブルモンク 1078UF6E BLU アンティークネイビー デュカルス 靴 シューズ モンクストラップシューズ メンズ あす楽対応_ セール,定番人気

【OUTLET商品】 モデル1078UF6Eスタイルダブルモンクストラップシューズ素材FLAT(イントレチャートエンボスレザー/牛革)ソールCAPRI (レザーソール/ラバートップリフト)色BLU(アンティークネイビー)製法マッケイ製法ラストMAXウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 手作業で染色されているため、はじめから独特の色ムラがあります。参考価格54,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、『イントレチャートエンボスレザーダブルモンク(1078UF6E)』です。 1078UF6Eは、ピッティでお披露目された春夏コレクションを代表するモデルになります。 「FLAT」という名称のイントレチャートエンボスレザーに熟練職人がハンドペイントで色づけし、 仕上げにアンティーク加工を施した、なんとも高級感のある大人にぴったりの一足です。 春夏らしい軽快さは残しつつもエレガントな印象を出したいときに活躍してくれます。 デザインは、ファッショニスタの所有率が非常に高い靴である『ダブルモンク』になります。 ドレスシューズの中で、紐結びでもなく、スリッポン形式でもない、唯一の存在として知られるのが モンクストラップシューズです。ストラップとバックルで甲をホールドする独特のデザインは、 15世紀にアルプス地域にいた修道士が履いていたサンダルが原型になっていると言われています。 デュカルスの十八番ダブルモンクですが、1078UF6Eは従来のモデルとは一線を画します。 ダブルモンクの完成されたデザインはそのままに、アッパーの素材にイントレチャートエンボス レザーを採用することで、今のスタイルにアジャストする「洒脱さ」が生み出されています。 職人のハンドペイントによるアンティーク仕上げも素晴らしく、イタリア靴ならではの 色気や温かみを感じさせる大きな要因になっています。加えて、繊細なステッチワークや 滑らかな仕上げのコバ、古美調のピンバックルなどに、イタリア伝統のマッケイ製法が相まって、 上質を心得る大人に相応しい風格が備わっています。カジュアルはもちろん、ドレスにも モードにも合わせられ、コーディネートを格上げしてくれるので、すごく心強いです。 使用されている木型は、16SSコレクション初登場となる『MAX』になります。 絶妙なボリューム感のあるエッグトゥなのですが、コバの張り出しが抑えられていて、 土踏まずのアーチ部分が程よくシェイプしているので、すっきりスマートな印象です。 加えて、長すぎず短すぎない絶妙なノーズバランスや、低めに抑えられたトゥまわり、 小さめのヒールカップなど、全体のバランスがよく、まとまり感があります。 踵の食いつき(ホールド感)も申し分ないので、踵抜けの心配はありません。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「CAPRI」という名称の、薄手のレザーソールが使用されています。 マッケイ製法で作られているのでソールの返りがよく、まるでスニーカーのようにソールが フニャッと返る(曲がる)ので、驚くほど歩きやすいです。マッケイ製法はアッパーとソールを 直接縫い付けるため、グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、 デュカルスではこの問題を最先端素材「カーボンインソール」を採用することで解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『アンティーク仕上げのイントレチャートエンボスレザー(牛革)』です。 「FLAT」という名称の、トップクオリティのカーフにイントレチャート(籠編み模様)を 型押ししたエクスクルーシブなエンボスレザーになります。ともすればチープに見えてしまう エンボスレザーですが、ひとつひとつの編み目が立体的になっていてレザーを編み込んだ 本物のイントレチャートと見紛うほどリアルな質感なので、圧倒的な高級感があります。 職人のハンドペイントによって色づけされ、その後、磨きをかけて透き通るような艶を出し、 最後にアンティーク加工を施してムラ感を生み出すという、手間のかかる工程を経ているため、 言葉では表せないような独特の雰囲気があります。肉厚感のあるエンボスレザーなので型崩れしにくく 丈夫で長持ちする、それでいて足馴染みがよく、履き込むほどに味が増してくることもポイントです。 軽快さとエレガントさを両立した「イントレチャートエンボスレザーダブルモンク(1078UF6E)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.524.527.59.83925.028.09.939.525.528.09.94026.028.510.040.526.529.010.24127.029.510.341.527.529.510.3※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザーダブルモンク 1078UF6E BLU アンティークネイビー デュカルス 靴 シューズ モンクストラップシューズ メンズ あす楽対応_ セール,定番人気 —— 30,500円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザーダブルモンク 1078UF6E NERO アンティークブラック デュカルス 靴 シューズ モンクストラップシューズ メンズ あす楽対応_ 新作,新品

【OUTLET商品】 モデル1078UF6Eスタイルダブルモンクストラップシューズ素材FLAT(イントレチャートエンボスレザー/牛革)ソールCAPRI (レザーソール/ラバートップリフト)色NERO(アンティークブラック)製法マッケイ製法ラストMAXウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 手作業で染色されているため、はじめから独特の色ムラがあります。参考価格54,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、『イントレチャートエンボスレザーダブルモンク(1078UF6E)』です。 1078UF6Eは、ピッティでお披露目された春夏コレクションを代表するモデルになります。 「FLAT」という名称のイントレチャートエンボスレザーに熟練職人がハンドペイントで色づけし、 仕上げにアンティーク加工を施した、なんとも高級感のある大人にぴったりの一足です。 春夏らしい軽快さは残しつつもエレガントな印象を出したいときに活躍してくれます。 デザインは、ファッショニスタの所有率が非常に高い靴である『ダブルモンク』になります。 ドレスシューズの中で、紐結びでもなく、スリッポン形式でもない、唯一の存在として知られるのが モンクストラップシューズです。ストラップとバックルで甲をホールドする独特のデザインは、 15世紀にアルプス地域にいた修道士が履いていたサンダルが原型になっていると言われています。 デュカルスの十八番ダブルモンクですが、1078UF6Eは従来のモデルとは一線を画します。 ダブルモンクの完成されたデザインはそのままに、アッパーの素材にイントレチャートエンボス レザーを採用することで、今のスタイルにアジャストする「洒脱さ」が生み出されています。 職人のハンドペイントによるアンティーク仕上げも素晴らしく、イタリア靴ならではの 色気や温かみを感じさせる大きな要因になっています。加えて、繊細なステッチワークや 滑らかな仕上げのコバ、古美調のピンバックルなどに、イタリア伝統のマッケイ製法が相まって、 上質を心得る大人に相応しい風格が備わっています。カジュアルはもちろん、ドレスにも モードにも合わせられ、コーディネートを格上げしてくれるので、すごく心強いです。 使用されている木型は、16SSコレクション初登場となる『MAX』になります。 絶妙なボリューム感のあるエッグトゥなのですが、コバの張り出しが抑えられていて、 土踏まずのアーチ部分が程よくシェイプしているので、すっきりスマートな印象です。 加えて、長すぎず短すぎない絶妙なノーズバランスや、低めに抑えられたトゥまわり、 小さめのヒールカップなど、全体のバランスがよく、まとまり感があります。 踵の食いつき(ホールド感)も申し分ないので、踵抜けの心配はありません。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「CAPRI」という名称の、薄手のレザーソールが使用されています。 マッケイ製法で作られているのでソールの返りがよく、まるでスニーカーのようにソールが フニャッと返る(曲がる)ので、驚くほど歩きやすいです。マッケイ製法はアッパーとソールを 直接縫い付けるため、グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、 デュカルスではこの問題を最先端素材「カーボンインソール」を採用することで解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『アンティーク仕上げのイントレチャートエンボスレザー(牛革)』です。 「FLAT」という名称の、トップクオリティのカーフにイントレチャート(籠編み模様)を 型押ししたエクスクルーシブなエンボスレザーになります。ともすればチープに見えてしまう エンボスレザーですが、ひとつひとつの編み目が立体的になっていてレザーを編み込んだ 本物のイントレチャートと見紛うほどリアルな質感なので、圧倒的な高級感があります。 職人のハンドペイントによって色づけされ、その後、磨きをかけて透き通るような艶を出し、 最後にアンティーク加工を施してムラ感を生み出すという、手間のかかる工程を経ているため、 言葉では表せないような独特の雰囲気があります。肉厚感のあるエンボスレザーなので型崩れしにくく 丈夫で長持ちする、それでいて足馴染みがよく、履き込むほどに味が増してくることもポイントです。 軽快さとエレガントさを両立した「イントレチャートエンボスレザーダブルモンク(1078UF6E)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.524.527.59.83925.028.09.939.525.528.09.94026.028.510.040.526.529.010.24127.029.510.341.527.529.510.3※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザーダブルモンク 1078UF6E NERO アンティークブラック デュカルス 靴 シューズ モンクストラップシューズ メンズ あす楽対応_ 新作,新品 —— 30,500円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザーダブルモンク 1078UF6E T.MORO アンティークブラウン デュカルス 靴 シューズ モンクストラップシューズ メンズ あす楽対応_ 正規品,安い

【OUTLET商品】 モデル1078UF6Eスタイルダブルモンクストラップシューズ素材FLAT(イントレチャートエンボスレザー/牛革)ソールCAPRI (レザーソール/ラバートップリフト)色T.MORO(アンティークブラウン)製法マッケイ製法ラストMAXウィズDウィズ相当 (すっきりした印象のやや細身のウィズ)状態新品未使用 手作業で染色されているため、はじめから独特の色ムラがあります。参考価格54,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、『イントレチャートエンボスレザーダブルモンク(1078UF6E)』です。 1078UF6Eは、ピッティでお披露目された16SSコレクションを代表するモデルになります。 「FLAT」という名称のイントレチャートエンボスレザーに熟練職人がハンドペイントで色づけし、 仕上げにアンティーク加工を施した、なんとも高級感のある大人にぴったりの一足です。 春夏らしい軽快さは残しつつもエレガントな印象を出したいときに活躍してくれます。 デザインは、ファッショニスタの所有率が非常に高い靴である『ダブルモンク』になります。 ドレスシューズの中で、紐結びでもなく、スリッポン形式でもない、唯一の存在として知られるのが モンクストラップシューズです。ストラップとバックルで甲をホールドする独特のデザインは、 15世紀にアルプス地域にいた修道士が履いていたサンダルが原型になっていると言われています。 デュカルスの十八番ダブルモンクですが、1078UF6Eは従来のモデルとは一線を画します。 ダブルモンクの完成されたデザインはそのままに、アッパーの素材にイントレチャートエンボス レザーを採用することで、今のスタイルにアジャストする「洒脱さ」が生み出されています。 職人のハンドペイントによるアンティーク仕上げも素晴らしく、イタリア靴ならではの 色気や温かみを感じさせる大きな要因になっています。加えて、繊細なステッチワークや 滑らかな仕上げのコバ、古美調のピンバックルなどに、イタリア伝統のマッケイ製法が相まって、 上質を心得る大人に相応しい風格が備わっています。カジュアルはもちろん、ドレスにも モードにも合わせられ、コーディネートを格上げしてくれるので、すごく心強いです。 使用されている木型は、16SSコレクション初登場となる『MAX』になります。 絶妙なボリューム感のあるエッグトゥなのですが、コバの張り出しが抑えられていて、 土踏まずのアーチ部分が程よくシェイプしているので、すっきりスマートな印象です。 加えて、長すぎず短すぎない絶妙なノーズバランスや、低めに抑えられたトゥまわり、 小さめのヒールカップなど、全体のバランスがよく、まとまり感があります。 踵の食いつき(ホールド感)も申し分ないので、踵抜けの心配はありません。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「CAPRI」という名称の、薄手のレザーソールが使用されています。 マッケイ製法で作られているのでソールの返りがよく、まるでスニーカーのようにソールが フニャッと返る(曲がる)ので、驚くほど歩きやすいです。マッケイ製法はアッパーとソールを 直接縫い付けるため、グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、 デュカルスではこの問題を最先端素材「カーボンインソール」を採用することで解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『アンティーク仕上げのイントレチャートエンボスレザー(牛革)』です。 「FLAT」という名称の、トップクオリティのカーフにイントレチャート(籠編み模様)を 型押ししたエクスクルーシブなエンボスレザーになります。ともすればチープに見えてしまう エンボスレザーですが、ひとつひとつの編み目が立体的になっていてレザーを編み込んだ 本物のイントレチャートと見紛うほどリアルな質感なので、圧倒的な高級感があります。 職人のハンドペイントによって色づけされ、その後、磨きをかけて透き通るような艶を出し、 最後にアンティーク加工を施してムラ感を生み出すという、手間のかかる工程を経ているため、 言葉では表せないような独特の雰囲気があります。肉厚感のあるエンボスレザーなので型崩れしにくく 丈夫で長持ちする、それでいて足馴染みがよく、履き込むほどに味が増してくることもポイントです。 軽快さとエレガントさを両立した「イントレチャートエンボスレザーダブルモンク(1078UF6E)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.524.527.59.83925.028.09.939.525.528.09.94026.028.510.040.526.529.010.24127.029.510.341.527.529.510.3※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S イントレチャートエンボスレザーダブルモンク 1078UF6E T.MORO アンティークブラウン デュカルス 靴 シューズ モンクストラップシューズ メンズ あす楽対応_ 正規品,安い —— 30,500円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S コンビレザーフルブローグシューズ 65054PT CACAO×TUNDRA ダークブラウン×ブラウン デュカルス 靴 シューズ コンビシューズ メンズ あす楽対応_ 低価,セール

【OUTLET商品】 モデル65054PTスタイルアメリカンブローグ(5アイレット)素材革1:GRAIN(スコッチグレインレザー/牛革) 革2:OIL(オイルドスエード/牛革)ソールAOSTA(ラバーソール)色革1:CACAO(ダークブラウン) 革2:TUNDRA(ブラウン)製法マッケイ製法ラストLAPOウィズEウィズ相当 (日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用参考価格50,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『コンビレザーフルブローグ(65054PT)』になります。 同モデルは、15-16AWにピッティでお披露目されたモデルです。日本の某有名セレクトショップの レコメンドアイテムとして紹介されたことから、当店でもすぐに売り切れとなりました。 そんな訳もあってリバイバルオーダーを依頼しました。先シーズンは一色のみの展開でしたが、 今シーズンはカラバリを充実させました。もちろんすべて当店別注なので他には出回っていません。 プライスも据え置きになっていますので、買い逃した人は是非ともこの機会にお買い求め下さい。 ファッション業界の方向性を決めるイタリア・フィレンツェで行われる紳士服見本市ピッティ。 そこでチラホラ見かけるようになってきているのが「コンビネーションシューズ」です。 英国のCHURCH'S(チャーチ)が打ち出して一世を風靡したSHANGHAI(シャンガイ)。 ヴィンテージ加工が施されたコンビシューズは、それまでのコンビシューズの持つ懐古趣味的な印象を 一変させたことは記憶に新しいです。そして昨年あたりから、昨今の靴業界のトレンドであるアメリカ的な 顔を持つシューズをベースにした新感覚のコンビシューズが増え、それを履く業界人たちが急増しています。 デュカルスのコンビシューズ(65054PT)は、このような流れを意識して作られています。 ベースになっているのは、アメリカで生まれたフルブローグシューズ、通称アメリカンブローグです。 外羽根式のフルブローグで、ウィングチップが土踏まずでは下降せず、バックステイまで延長されている デザインのことです。オールデンやアレンエドモンズが元祖とされ、トリッカーズのカントリーブーツに 代表される英国式ブローグよりも重厚感があり、アメリカントラッドな雰囲気があることが特徴です。 そんなアメリカンブローグをコンビネーション素材、つまり、スコッチグレインレザーと オイルドスエードを組み合わせて作り上げたのが65054PTです。異なる素材が使用されていますが、 同系色でまとめられているため悪目立ちせず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 それでいてコンビシューズならではの「洒脱さ」があるので、今のスタイルにアジャストします。 この靴を履くだけで、いつものスタイルを新鮮に見せることができるので、かなり使えると思います。 ラスト(木型)には、ほどよく丸みを帯びた絶妙なボリューム感のある「LAPO」を採用。 これにより、アメリカ的な雰囲気が演出されています。ストームウェルトによってコバの張り出しを 強調しているところも上手いです。ラバーソールとの相性がよく、全体のまとまり感があります。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「AOSTA」という名称の、厚みのあるラバーソールが使用されています。 パラブーツのラバーソールによく似た見た目で、まるでスニーカーのように歩きやすいです。 加えてベテラン職人によって丁寧に吊り込みされたイタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、 ソールの返りがバツグンにいいです。マッケイ製法はアッパーとソールを直接縫い付けるため、 グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、デュカルスではこの問題を 最先端素材を用いたインソール、つまり「カーボンインソール」の採用によって解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『スコッチグレインレザー×オイルドスエード(牛革)』になります。 細かい麦粒状の型押しがされたスコッチグレインは、ブリテッシュな雰囲気で今どき感満点です。 スコッチグレイン=厚くて硬いというイメージがありますが、こちらの革は厚みのわりにやわらかく、 弾力に富むため、履くほどに足に馴染みます。美しい光沢を帯びていて高級感があることも特徴です。 スコッチグレインに合わせている素材はオイルドスエードです。定番のスエード素材(VISONE)に オイルド加工を施すことで、スコッチグレインの重厚な素材感との調和を図っているところが秀逸です。 オイルドと言っても薄いものなのでベトつくことはないですし、見た目も上品なのでご安心下さい。 どちらの素材も雨に強いので悪天候でも活躍します。手入れがラクチンな点もウレシイです。 傑作と呼ぶに相応しい完成度を誇る、「コンビレザーフルブローグシューズ(65054PT)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.525.029.210.73925.529.410.839.526.029.410.84026.529.610.840.527.029.611.04127.530.511.041.528.030.811.0※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S コンビレザーフルブローグシューズ 65054PT CACAO×TUNDRA ダークブラウン×ブラウン デュカルス 靴 シューズ コンビシューズ メンズ あす楽対応_ 低価,セール —— 28,100円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S コンビレザーフルブローグシューズ 65054PT TERRA×T.MORO アンティークブラウン×ダークブラウン デュカルス 靴 シューズ コンビシューズ メンズ あす楽対応_ 最安値,新作登場

【OUTLET商品】 モデル65054PTスタイルアメリカンブローグ(5アイレット)素材革1:GRAIN(スコッチグレインレザー/牛革) 革2:OIL(オイルドスエード/牛革)ソールAOSTA(ラバーソール)色革1:TERRA(アンティークブラウン) 革2:T.MORO(ダークブラウン)製法マッケイ製法ラストLAPOウィズEウィズ相当 (日本人の足に適した標準的なウィズ)状態新品未使用参考価格50,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。付属品化粧箱、布袋製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ アイテム説明 Item Detail サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『コンビレザーフルブローグ(65054PT)』になります。 同モデルは、15-16AWにピッティでお披露目されたモデルです。日本の某有名セレクトショップの レコメンドアイテムとして紹介されたことから、当店でもすぐに売り切れとなりました。 そんな訳もあってリバイバルオーダーを依頼しました。先シーズンは一色のみの展開でしたが、 今シーズンはカラバリを充実させました。もちろんすべて当店別注なので他には出回っていません。 プライスも据え置きになっていますので、買い逃した人は是非ともこの機会にお買い求め下さい。 ファッション業界の方向性を決めるイタリア・フィレンツェで行われる紳士服見本市ピッティ。 そこでチラホラ見かけるようになってきているのが「コンビネーションシューズ」です。 英国のCHURCH'S(チャーチ)が打ち出して一世を風靡したSHANGHAI(シャンガイ)。 ヴィンテージ加工が施されたコンビシューズは、それまでのコンビシューズの持つ懐古趣味的な印象を 一変させたことは記憶に新しいです。そして昨年あたりから、昨今の靴業界のトレンドであるアメリカ的な 顔を持つシューズをベースにした新感覚のコンビシューズが増え、それを履く業界人たちが急増しています。 デュカルスのコンビシューズ(65054PT)は、このような流れを意識して作られています。 ベースになっているのは、アメリカで生まれたフルブローグシューズ、通称アメリカンブローグです。 外羽根式のフルブローグで、ウィングチップが土踏まずでは下降せず、バックステイまで延長されている デザインのことです。オールデンやアレンエドモンズが元祖とされ、トリッカーズのカントリーブーツに 代表される英国式ブローグよりも重厚感があり、アメリカントラッドな雰囲気があることが特徴です。 そんなアメリカンブローグをコンビネーション素材、つまり、スコッチグレインレザーと オイルドスエードを組み合わせて作り上げたのが65054PTです。異なる素材が使用されていますが、 同系色でまとめられているため悪目立ちせず、どんなコーディネートにも合わせやすいことが特徴です。 それでいてコンビシューズならではの「洒脱さ」があるので、今のスタイルにアジャストします。 この靴を履くだけで、いつものスタイルを新鮮に見せることができるので、かなり使えると思います。 ラスト(木型)には、ほどよく丸みを帯びた絶妙なボリューム感のある「LAPO」を採用。 これにより、アメリカ的な雰囲気が演出されています。ストームウェルトによってコバの張り出しを 強調しているところも上手いです。ラバーソールとの相性がよく、全体のまとまり感があります。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「AOSTA」という名称の、厚みのあるラバーソールが使用されています。 パラブーツのラバーソールによく似た見た目で、まるでスニーカーのように歩きやすいです。 加えてベテラン職人によって丁寧に吊り込みされたイタリア伝統のマッケイ製法で作られているので、 ソールの返りがバツグンにいいです。マッケイ製法はアッパーとソールを直接縫い付けるため、 グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、デュカルスではこの問題を 最先端素材を用いたインソール、つまり「カーボンインソール」の採用によって解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『スコッチグレインレザー×オイルドスエード(牛革)』になります。 細かい麦粒状の型押しがされたスコッチグレインは、ブリテッシュな雰囲気で今どき感満点です。 スコッチグレイン=厚くて硬いというイメージがありますが、こちらの革は厚みのわりにやわらかく、 弾力に富むため、履くほどに足に馴染みます。美しい光沢を帯びていて高級感があることも特徴です。 スコッチグレインに合わせている素材はオイルドスエードです。定番のスエード素材(VISONE)に オイルド加工を施すことで、スコッチグレインの重厚な素材感との調和を図っているところが秀逸です。 オイルドと言っても薄いものなのでベトつくことはないですし、見た目も上品なのでご安心下さい。 どちらの素材も雨に強いので悪天候でも活躍します。手入れがラクチンな点もウレシイです。 傑作と呼ぶに相応しい完成度を誇る、「コンビレザーフルブローグシューズ(65054PT)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 サイズ表Size表記対応サイズ目安ソール全長ソール最大幅38.525.029.210.73925.529.410.839.526.029.410.84026.529.610.840.527.029.611.04127.530.511.041.528.030.811.0※ 通常のヨーロッパサイズの靴よりも「大きめ」の作りになります。 対応サイズを参考にお選びください。 (単位: cm)

デュカルス DOUCAL’S コンビレザーフルブローグシューズ 65054PT TERRA×T.MORO アンティークブラウン×ダークブラウン デュカルス 靴 シューズ コンビシューズ メンズ あす楽対応_ 最安値,新作登場 —— 28,100円

DOUCAL’S(デュカルス)

デュカルス DOUCAL’S スエードアンラインドローファー 1104UZ6E DESERTO サンドベージュ サイズ39 デュカルス 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 全国無料,限定セール

【追加値下げ】【キズもの・難ありアイテム/返品・交換不可】 Model/モデル1104UZ6EStyle/スタイルコインローファーMaterial/素材DAINO(毛足の短い上品な風合いの高級カーフスエード/牛革)Sole/ソールELBA(ラバーソール)Color/色DESERTO(サンドベージュ)Manufacture/製法マッケイ製法Last/ラスト(木型)MAUROWidth/ウィズDウィズ相当(すっきりした印象のやや細身のウィズ)Condition/状態新品未使用 スエード特有のアタリが見られる場合があります。予めご了承下さい。Price/国内代理店価格42,000円+消費税 国内代理店(株式会社アマン)が設定している国内定価になります。Option/付属品化粧箱、布袋Made in/製造国made in ITALYデュカルスの他のアイテムはこちら→ その他のシューズはこちら→ サントーニやシルバノラッタンジ、プレミアータなど、有名メーカーが集まるイタリア靴の聖地、 マルケ州モンテグラナーロ。その地で1973年に創業したのが『DOUCAL’S(デュカルス)』です。 革の裁断から縫製、吊り込み、底付け、仕上げまでの全工程を手掛ける「自社一貫生産」にこだわり、 厳格なクオリティコントロールを堅持しているシューズ専業メーカーです。創業当初はクラシックな靴を 手掛けていましたが、99年に創業者マリオ・ジャンニーニ氏の二人の息子が会社を継いでから大きく 変わります。現在、兄ジェリーが経営の舵を取り、弟ジャンニがデザインを担当しています。 「質の高さにこだわるのと同じくらい、今の服と合わせたときに魅力が高まる靴作りにこだわっている」 という二人の言葉からも分かるように、クラシックさの中にモダンなエッセンスが溶け込んだ時代性のある コレクションを展開しています。伝統的な高い技術力に加え、現代の視点を取り入れたデザイン性の高さ、 そして快適な履き心地がひとつになったデュカルスのシューズは、職人の手仕事による温かみが感じられる 仕上がりでありながらも、最新マシンの導入によって優れたコストパフォーマンスを実現していることから、 イタリア本国はもちろん日本をはじめとする世界中のマーケットで高く評価されています。 ご紹介するのは、春夏コレクションの『スエードアンラインドローファー(1104UZ6E)』です。 イタリアのシューズメーカーの十八番であるローファー(スリッポン)。例に漏れずデュカルスでも、 多くのラインナップを揃えています。その最新作である1104UZ6E は、アッパーにU字型ステッチ、 サドルに小窓があしらわれた、ローファーの王道を行くベーシックデザインになります。 デザインこそ定番ですが、デュカルスらしさ(ファッション性の高さ)は健在です。 ポイントは、絶妙なボリュームのあるラウンドトゥの新木型「MAURO(マウロ)」です。 アメリカのローファーを彷彿させるノーズバランス(履き口とノーズの比率が1:1)で、 ローファー本来のカジュアル感が打ち出されており、時代にマッチした「洒脱さ」があります。 それでいて土踏まずのアーチ部分が程よくシェイプされている、さらにはコバの張り出しが 極限まで抑えられているため、すっきりした印象でイタリア靴らしい「色気」があります。 従来の色気重視のイタリアのローファーとは一線を画する、色気と洒脱さがミックスされた ファッション性の高い仕上がりになっているので、今どきのお洒落を存分に楽しんで頂けます。 素足やショートソックスで軽快に履きたい、そんな気分にさせる春夏らしい一足です。 1104UZ6Eの特徴のひとつに『アンラインド仕様(アンライニング仕様)』が挙げられます。 内側のライニングが省かれているため、たいへんやわらかい履き心地で、まるでソックスを 履いているようなフィット感が得られます。金魚(?)をモチーフにした遊び心のある ライニングを用いることでファッション性を高めているあたりにも拘りが感じられます。 小さめに設計されたヒールカップにはカウンター(芯)が入れられているため、踵の食いつき (ホールド感)も問題なく、アンラインドローファーにありがちな踵抜けの心配はありません。 デュカルスの靴の特徴のひとつに、『コンフォータブルな履き心地』が挙げられます。 こちらのモデルには「ELBA」という名称の、薄手のラバーソールが使用されています。 マッケイ製法で作られているのでソールの返りがよく、まるでスニーカーのようにソールが フニャッと返る(曲がる)ので、驚くほど歩きやすいです。マッケイ製法はアッパーとソールを 直接縫い付けるため、グッドイヤー製法に比べると足への負担が高いと言われていますが、 デュカルスではこの問題を最先端素材「カーボンインソール」を採用することで解決しています。 中敷きの下にカーボンインソールを装着することでクッション性と反発力が高められているため、 足が包まれているようなフィット感が得られます。グッドイヤー製法のクッション材であるコルクの 役割をカーボンインソールが果たしているというわけです。通常のマッケイ製法の靴との違いは、 目隠しをして履いても分かるほどです。足を入れた瞬間はもちろん、家に帰ってきて靴を脱いだ後、 足に残る疲労感が少ないことに驚かされます。石畳が多いイタリアで支持されているのが納得できます。 アッパーの素材は、『毛足の短い上品な風合いの高級カーフスエード(牛革)』になります。 毛足が短く刈り込まれたキメの細かいカーフスエードは、見るからに上品で高級感があります。 クロケットやサントーニのレギュラーラインのスエード靴と同レベルの革質だと感じます。 実物を手にしたら、その上品な風合いやベロアのような触り心地の虜になると思います。 表革よりも手入れが楽(基本的にはブラッシングのみ)という点もウレシイです。 春夏らしい軽やかな足元を演出する、「スエードアンラインドローファー(1104UZ6E)」です。 世界一うるさいと言われる日本の有名セレクトで展開されているだけあり、ファッション性はもとより、 品質がすこぶる高く、コストパフォーマンスにも優れているので、自信を持ってお勧めします。 ※ 右足アウトサイド部分に原皮傷が見られます。

デュカルス DOUCAL’S スエードアンラインドローファー 1104UZ6E DESERTO サンドベージュ サイズ39 デュカルス 靴 シューズ スリッポン メンズ あす楽対応_ 全国無料,限定セール —— 18,800円